「人はなぜ泣くのか」という研究を続けている

アメリカのウィリアム博士によると

「涙を流すのはストレス解消のため」なのだそうです。

涙の成分には、脳内で苦痛を和らげる時に分泌され

経伝達物質の仲間が含まれていることがわかっています。

ウィリアム博士の調査では、人は泣いたあと、

男性で73%、女性で85%もの人が

「泣く前よりも、気分がさっぱりする」ということが伝えられています。

でも、困ったことに、泣きたくても泣けないのが大人だったりします。

どうすれば大人はストレスを減らすことができるのでしょうか。

答えは簡単。理由はともあれ、泣いてしまえばいいのです。

できるなら、自分自身とは直接関係ないことで泣いてみてください。

たとえばドラマや映画などで思いきり泣くことも有効です。

なぜならドラマには、自分のしがらみも、降りかかる難題もない。

いわば自分とは関係のないことをきっかけにして、

涙を流すことができるからです。

ストレスをもらわずに出す一方ですむのです。

大人だって、感動して泣いたほうが救われる。

だから私たちは、大人の心を揺さぶる物語も提供してきました。

劇団四季による日本生命100周年記念ミュージカルをはじめ、

数々の作品を人々にお届けしてきました。

悲しいだけで、人は涙を流すのではないのだから。

--------------------------「ニッセイ会社案内」より抜粋

*このページでは、過去の作品から抜粋したものを

一定期間ごとに更新し、紹介していきます。

Copyright 2004 TokyoSeisakuJo. All rights reserved.

>